日記

色々な記憶がすっぽ抜けてる

これまでのことで覚えていないこと、たくさんあります。

鮮明に覚えていることは本当に少なく、あとはなんとなく覚えていることが半分くらい、言われても思い出せないことが半分くらいです。

忘れてしまったことはもう仕方ないです。

そんなことがあったんだと人の物語を聞いている気分で聞き流します。

今回話すのは「なんとなく覚えていること」についてなんですが、ちょっと面白いんです。

何となくこんなことあったなと覚えている記憶の、その時の感情が、「色」や「形」として思い出されます。

例えば、すごく傷つけられる言葉を言われた時の記憶では、

とげとげしい銀色と深い青や緑色といった感じで。

楽しかったお友達とのランチは、あたたかなオレンジ色と桃色のような。

全部が全部色で思い出せるわけではないですが、時折あの時って…と思い返すとその時の気持ちが絵のように浮かんできます。

ふしぎですね。

別に、特別印象深い出来事が色として残っているわけではないんです。

一生忘れられないようなことから、明日になれば忘れていそうな些細なことまで、まばらに思い出します。

なんででしょうか。

せめて今覚えていることはずっと覚えておきたいけれど、やっぱりまだ記憶の抜けおちは続いていくみたいです。日記を見ても思い出せないことはあります。

寂しいけれど、仕方ないと割り切っていくしかないです。

そのために日記をつけているのですから。

↓押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

ABOUT ME
みなみ
統合失調症の18歳女の子。 寛解目指して頑張ります!

POSTED COMMENT

  1. 桜華 より:

    桜華です。
    すいません、オカルトの話してしますと、それは
    記憶の感じ方がオーラ化して見えるかもしれません

    • みなみ より:

      桜華さんこんにちは。
      なるほど、オーラですか。
      人の背後にオーラが見える、というのは聞いたことがあったのですが、記憶にもあったのですね…。
      面白い体質が手に入ったと喜ぶことにします!(笑)
      おしえてくださりありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です