日記

一時逃避するということ

こんにちは。

都民の方は、そろそろ選挙が気になってくる頃ではないでしょうか。

以前にも書きましたが、私は選挙を思うとドキドキバクバクしてしまいます。

みなみのつぶやき 選挙についてこんにちは。 経過についてまだ途中ですが、少し休憩ということで一つ小話を挟ませてください。 今年の夏には、都知事選がありますね。...

昨日は、新たな候補者について考えたり前選挙の公約を見てたりしているうちに、自分は正しい選択ができるのか自信がなくなって心臓がバクバクして、ちょっと息苦しくなってしまいました。

そうして、少し落ち着いてから、「一度離れよう」と決めました。

選挙までまだ1か月以上ありますし、それまで毎日こうやってうう…と頭を痛めるのは精神衛生上よくないなと判断したからです。

もちろん都民としての責任は果たすつもりなので、選挙が近くなったらちゃんと向き合いますが。

離れてみて1日が経ち、ずいぶん心が軽くなりました。

逃げている罪悪感はちょっとありますが、それよりも調べたり考えたりする時間が苦しかったので、少しだけ心が休まる思いです。

生きていくうえで、どう頑張っても逃げられない苦しいことはあると思います。

しかし、たとえ一時的にでも避けられるもので、どうしても苦しいなら一度離れてみてもいいのかなと思います。

参政権はあくまで権利なので、まあ極論を言えば最後まで避けることもできるのですが、それは選挙権を得た身としては到底できるものではありません。

ただ、ほんの少しの間だけ、自分の精神を守るために逃げます。

そうして、穏やかな精神に戻ったらまたしっかり熟考しようと思います。

お読みくださりありがとうございました。

↓押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

ABOUT ME
みなみ
統合失調症の18歳女の子。 寛解目指して頑張ります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です