経過

経過31 申し訳ない話1

HRが終わり、保護者会に参加している母と一緒に帰るため待っている時間。

隣の席の女の子から話しかけられました。

本当にたわいもないことだったと思います。

「待つ時間長いねー」とか。

でも、この頃はまだ、家族以外の他人との会話がつらい時期でした。

前の学校の友達のラインもつらいくらいです。

面と向かって初めてあった人と話す、しかも雑談は苦しかったです。

そして次の日、またその子が隣でした。

少ししゃべった後、「ねえねえ、ライン交換しようよ。」

えっ…。と思いました。

たくさんラインが来たらどうしようとか、面白くないこと言ってしまったらどうしようとか。

すごく逡巡しました。

結局、断るのも失礼かと思って交換しました。

しかし、そのあと…。

「お弁当一緒に食べようよ。」

うう…。

「いいよ。」

この頃はまだ人前で食べるのが苦手で、すごく少量のお弁当をもって必死に食べていました。(家ではがっつり食べられます。緊張のせい?)

そのうえ人と会話しながらなんて…。

気が重くなりながら家に帰りました。

続きます。

_______

一応お話しておくと、私は彼女のことが嫌いなわけでは全くないんです。

親切に話しかけてくれる優しくて明るい子でした。

ただ、誰であっても話すのがつらい時期でした。

自分が相手に対して「あまり話したくないな」と思っていること自体すごく罪悪感でいっぱいでした…。

↓押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

ABOUT ME
みなみ
統合失調症の18歳女の子。 寛解目指して頑張ります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です