経過

経過12 大学病院

大学病院には、とても歩いて電車に乗れる状況じゃなかったのでタクシーで行きました。

並走する車がつけてきているような気がしてとても怖かったのを覚えています。

そして大学病院につき、先生が待合室まで迎えに来てくれました。

そこから診察室まで、牛歩で進みました。先生はゆっくりでいいよと待ってくださいました。

この頃、なぜか普通のスピードで歩くことができず、のろのろと3倍くらいのスピードで歩いていました。

先生は時間をかけて話を聞いてくれました。

そして、「統合失調症の可能性は低いですね。」とおっしゃいました。

私は、「そうだろうな。」と思いました。

なぜならおばさんも悪口も並走している車に狙われている感覚もすべてまともで本当にあると思っていたからです。

病識がまるでありませんでした。

先生は「リフレックス(抗うつ剤)」と「マイスリー(睡眠薬)」を処方してくれました。

ぼんやりと話を聞きながら、病気じゃないのにこんな大きな病院の先生の時間をとらせて申し訳ないなと思ったのをよく覚えています。

それまで、少しでも眠れるときに寝ようということで一日中布団の中で過ごしていましたが、それだとリズムが狂うということで朝起きて昼寝せずに過ごしなさいと言われました。

帰りは駅までお母さんに歩かされて、タイ料理を食べて帰りました。

全くおいしくなかったけど、お母さんはおいしそうでよかったなと思ったのを覚えています。

大学病院の近くのタイ料理屋さんでお昼ご飯を食べました。味はわかるのですが、美味しいという感動が沸き上がらず…。

続きます。

↓押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

ABOUT ME
みなみ
統合失調症の18歳女の子。 寛解目指して頑張ります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です