経過

私の発症1 高校一年生

こんにちは。

ここから数回にわたって、自己紹介がてら、私の発症に至るまでとその経過について簡単に書いていこうと思います。

私は、とある進学校に通う女子高校生でした。

1年生の秋に将来の夢ができてから、一念発起して勉強しようと意気込みます。

毎日、夜ご飯は学校から帰ってすぐの17時に食べて、お風呂と歯磨き、もろもろを済ませて19時から少なくとも24時までトイレ以外の休憩を挟まず勉強。

加えて、中学のころからの親友と、高校でできた努力家の友達が、よく一緒に勉強してくれました。

休み時間に教えあったり、休日にスタバで一緒に勉強したり…。

自分を応援してくれる親や先生、切磋琢磨できる友達に恵まれ、毎日勉強に熱中。

これだけ毎日勉強していたのですから、入学当初はそこそこだった成績も、当然どんどん上がっていきました。

時々は友達と遊びに行ったりラインしたりと、お楽しみもあって、かろうじてまだ余裕があったのですが…。

少しずつ、誰とも知れない悪口の声が聞こえることが増えてきて、「でもそんなことは中学の時にもあったし」、「一日に数回だし」、とあまり気にしていませんでした。(今思えばたぶん幻聴…?授業中にも聞こえてきたし…。しかしそれを不思議に思うことはなぜかありませんでした。)

そして、だんだんと自分を追い込んでいくうちに、一年生が終わりました。

右が私で左が中学のころからの親友。高校に入ってからもずっと一番信頼している友達です。そして、後々命の恩人にもなります。

続きます。

↓押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ

次の記事↓

私の発症2 2年生の4月高校二年生になると、クラス替えがあります。 そこで、一緒に勉強してくれた努力家の友達はもちろん、仲の良かった友達はみんな離れてしま...
ABOUT ME
みなみ
統合失調症の18歳女の子。 寛解目指して頑張ります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です